テストテストテスト

日本語で読む外国株最新情報

日本語検索では中々見つからない外国株情報を日本語で紹介します!

【2020/2/15更新!】2/29価格決定!?CDP Holdings Ltdってどんな会社?中国トップクラスの人事管理SaaS!【$CDP】#SBI証券 #IPO #米国株

 2019年はビヨンドミート、ズームビデオコミュニケーションズ、ウーバーと大注目だった米国IPO。今年は一体どんな銘柄が高成長企業がIPOを遂げるのでしょうか。

 

 2020年2月29日にはCDP Holdings Ltd(CDPホールディングス)なる会社が価格決定予定だそうです。

 

 業種はITサービス&コンサルティング。どんな会社か気になりますよね!?

そうはいっても興味はあるけど検索しても英語のページばっかり・・・

そんなあなたのために管理人が調査した最新情報を日本語でご紹介します!

 

 注:CDPという名前を持つ会社は世界中にたくさんあるようなので自分で調べる際はご注意ください。

 

 

 

 

CDP Holdingsはこんな会社!

 人事管理のソフトウェアを主に中国で販売する会社。流行りのSaaS(Software as a Service)に分類。上海で2004年設立*1

  -世界の人事管理市場は2018年に150億ドルと評価され、2026年には300億ドル以上に達すると予想されており、高成長が見込まれている有望な市場です。

 -従業員数は約800人。

 -現時点ではモルガンスタンレー住友商事などが投資しているそうです。

 -人事管理ソリューションを提供する競合はAutomatic data processing, IBMアクセンチュア、オラクルなどが挙げられています。

 2019年は年間1億2700万ドルの売り上げで年間成長率28%。

 -しかしこれまで急速に成長してきたものの、近年は売上100万ドルを越えたあたりから成長が減速し、損失が増え利益率が低下しています。2019年9月時点でキャッシュが2070万ドル、負債合計は4270万ドル。年間フリーキャッシュフローはマイナス780万ドル。

 -主要顧客の一つはBest inc.(NYSE: BEST)で総収益の38.9%を占めるそうです。Best inc. は中国の運送や倉庫管理などのサプライチェーンを提供する会社です。

2019年9月末で3600を超える組織にサービスを提供し、ユーザーアカウントは100万以上!

 2019年の市場調査では収益面で中国のクラウド人材管理サービスプロバイダーのトップ3の一つとされています。

 香港、シンガポール、オーストラリア、インド、アメリカへの進出が予想されている

 今回のIPOで調達する1億2500万ドルはプラットフォーム強化やマーケティングの強化、グローバル展開に使う予定とのこと。

IPOに対するアメリカでの口コミ

 調査中です。

 

結局CDP Holdings Ltdの株は買うべき?

 ・世界一の人口を誇る中国における人事管理ソフト市場でトップクラスの規模を誇るのは素晴らしい。

 ・人事管理市場は高い成長性が見込まれており、市場の波に上手く乗れれば今後も成長が期待できる。

 ・とはいえ近年は成長が鈍化しているため注意が必要だろうとの見方をしている人が多そう。

 ・収益の約4割が一つの企業(B.est inc. )に依存しているところも要注意。管理ソフトは変更する手間が大きいため一度導入されると代わりづらいが、全く代わらない訳でもない。

 

管理人の見解

高成長市場で夢があるが、成長が鈍化しているなどのリスクがあるため様子見か。
少なくとも上場後ぶち上がっていくことはないと見ています。
株価が落ち着いてきてから中長期的な成長性に期待して買うのはアリかも。

 

 中国企業ということもあって英語でも情報が少ないこの銘柄、新しい情報が入り次第更新していきます!

 

参考

https://www.nasdaq.com/articles/chinese-hr-software-provider-cdp-holdings-files-for-a-%24125-million-us-ipo-2019-11-15

https://capitalwatch.com/article-4661-1.html

https://www.capitalwatch.com/article-4728-1.html

 

 twitterで更新通知しています。よろしければフォローお願いします。

 

 モチベーションに繋がります。よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

*本記事は情報提供のみを目的として作成しています。投資に関する最終決定は皆様ご自身の判断と責任でなされるようお願い申し上げます。本記事に基づいて行われた投資に置いて損害を被ったとしても責任は一切負うものではありません。また、内容には十分注意を払っておりますが海外情報の翻訳、まとめを行っているため意図せず誤りが発生する可能性がございます。ご了承ください。

*1:2006年設立との情報もあります。