テストテストテスト

日本語で読む外国株最新情報

日本語検索では中々見つからない外国株情報を日本語で紹介します!

「数年前の銘柄分析」を使った勉強法

 

 

 新コーナー「数年前の銘柄分析」

 過去にタイムスリップして当時の財務諸表とチャートを見ながら、その株は買いかどうか考えてみましょう。2年後、3年後の株価があなたの投資判断が正しかったかどうかを教えてくれます。

 何度も繰り返して財務諸表に基づく投資判断の経験値を積んでいきましょう!

 

 そもそも財務諸表の読み方が分からないという方は下の会計クイズの本がおすすめです。心の底からオススメです。

 今まで読んだ財務諸表関連の本で1番良かったです。私はkindleが好きなのでkindleで読みましたが、カラーの方が見やすい気がするので単行本の方がいいかもしれません。

 ただ単に財務諸表の読み方を教えてくれるだけじゃなくて、クイズを解いて実践的に読み方を学んでいけます。

 初心者の方はいきなりクイズ出されても困る!と思うかもしれませんがベースとなる知識の部分の解説もちゃんとあるのでそこは心配いりません。

 

 

 

 kindle unlimited を使った勉強もおすすめです。

 投資の神様ウォーレンバフェットが師匠と仰ぐベン・グレアムの普及の名著

「賢明なる投資家」も読み放題です(2020/5/12時点)

30日間無料体験できるので、使ってみて気になるやつだけまずは読んでみるのおススメです。いらないと思ったら解約すればいいですし。

ちなみに賢明なる投資家はボリューム多めで挫折しやすいので本買うよりkindle unlimitedで読んだほうがいいです。

 他にも投資入門書がちょこちょこありますしとりあえず体験で読んでみるのもおすすめです。

 

 

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

はじめに

 財務3表は投資の基本です。ウォーレンバフェットが師匠と仰ぐかのベングレアムも企業の財務状況を非常に重視していました。

 

 株を買うときは財務3表くらい読むべき。

 有名な人がおすすめしてるからって買ってはいけない。自分で考えろ。

 

 よく言われますよね。

 そんなに言うなら読んでみようと読むじゃないですか。売上高、営業利益、流動負債、キャッシュフローマージン・・・へえ。

 PERとPBR、PSRはこれくらいか。

 

 ・・・で、つまりこの株は買っていいの?わからん。

 とりあえず○○さんがおすすめしてるし、そんな悪そうじゃないし、買ってもいいかなぁ。株主優待ついてるし。

 それか、この製品は今後社会に必要とされそうだからこの株買っておこう。

 

 そんな人多いんじゃないでしょうか?

 安心してください。ほとんどみんなそうだと思います。

 

 それで損して、たまに儲けて、財務諸表の見方がよくわからないまま投資を続けていく。本を読んだりブログを見たりして単語の意味は分かっている。でもそれだけ。

 

 どうしてそうなってしまうのでしょうか?

 理由は簡単。財務諸表の内容に基づいた投資の経験値が足りないからです。

 経験値が足りないから、財務諸表を見て投資判断ができないんです。

 

 経験値を増やすには、練習をすればいいんです。というかそれしかありえません。

 「財務諸表の読み方」みたいな本読んで勉強するのも大事ですが、それだけで分かった気になってるのは危ないです。

 だって作者のおススメの考え方真似して分析するのって、作者のおススメ銘柄買うのとそんな変わらないですよね。

 その作者の考え方だって100%常に正しいわけではないはずです。正しい時には正しいけど失敗するときは失敗する。そうじゃなかったら全ての投資家は損なんてしません。

 本を読んだらそれを試してみる。どんな時はその考え方が上手くいって、どんな時は上手くいかないか。身をもって知っていくことです。勉強したら次は実践です。

 

 さて、実践するとなると問題になるのが時間です。経験値を積むためにこの先の20年間市場で練習しますか? 手っ取り早く経験値つけたいというのが人の心というものですよね。

 

 そこでこの数年前の銘柄分析です。

 

 過去に戻ったつもりで当時の財務諸表を読んで、買いかどうかを判断してみます。

 この時しっかり考えて必ず根拠を持つようにするのが大事です。

 

 そして今の株価を見てみて、自分の判断が正しかったか答え合わせです。

 間違っていたら、何故株価が上がらなかったのか考えてみましょう。

 財務分析を見直して、「ああ、この場合はこの考え方では上手くいかないんだな」と学びましょう。

 それを繰り返していくうちに株価が上がる財務諸表と下がる財務諸表が見分けられるようになってくるはずです。明らかに投資価値のない割高な銘柄見分けられるだけでも大きな進歩です。

 

 大事なのは考えて投資判断をして、外れたらなぜ外れたのかを考えることです。

 当たった人が偉いわけでも、外れた人が偉いわけでもないんです。

 トライしたあなたが偉いんです。繰り返し練習するあなたが偉いんです。

 きっと少しずつ実際の取引での勝率も上がってくることでしょう。

 PERとPBR

 まず、PERとPBR、PSRの推移をお見せします。

 毎年の4月の平均株価と前年の決算を使って計算しています。

 例えば2014年のPERは2014年の株価を2013年の決算から求めたEPSで割って求めています。

 PER:時価総額/純利益。低い方が株価が割安であることを意味します。マイナスの場合は利益がマイナスという意味です。マイナスの場合のPERはあんまり意味がありませんが、まとめて計算しているためそのまま載せています。

 PBR:時価総額/純資産。低い方が株価が割安であることを意味します。1.0倍下回ったら割安という説がありますが必ずしも当てはまらないため、PBRだけ見て投資判断すると死にます。

 PSR:時価総額/売上高。低い方が株価が割安であることを意味します。PERはマイナスだとあまり意味をなさないためほぼ確実にプラスになる売上高を使って求めた指標です。ちなみに利益がマイナスになるケースは単純に儲かっていない企業や、R&Dやマーケティングに多額を投資している成長企業に多くみられます。

損益計算書

 損益計算書の内容をここに示します。売上高とか、利益とかです。

貸借対照表

 貸借対照表の内容をここに示します。貸借対照表では資産と負債のバランスが分かります。

キャッシュフロー計算表

 キャッシュフロー計算表は現金の収支を表します。一番嘘をつけない書類ともいわれ、経営状態が悪いとここに歪みが出る場合があります。

その他

 その他よく使われる指標の推移を示します。ROEとか。 

 

さあ経験値を手に入れましょう!

 個別株投資は購入する銘柄に対する分析が必須です。

 分析をしなければ安定的に勝つことはできません。

 

 しかし勉強すればしただけ少しずつ知識がついていき、賢明な投資判断ができるようになっていくはずです。継続すれば1年後のあなたは今のあなたよりも確実にレベルアップしています。継続しなければ1年後のあなたは今のあなたと同じです。

 

 継続は力なり、頑張りましょう!!

 

  繰り返しになりますが、そもそも財務諸表の読み方が分からないという方は下の会計クイズの本がおすすめです。心の底からオススメです。

 今まで読んだ財務諸表関連の本で1番良かったです。私はkindleが好きなのでkindleで読みましたが、カラーの方が見やすい気がするので単行本の方がいいかもしれません。

 ただ単に財務諸表の読み方を教えてくれるだけじゃなくて、クイズを解いて実践的に読み方を学んでいけます。

 初心者の方はいきなりクイズ出されても困る!と思うかもしれませんがベースとなる知識の部分の解説もちゃんとあるのでそこは心配いりません。

 

 

 あとはkindle unlimited を使った勉強もオススメです。

 投資の神様ウォーレンバフェットが師匠と仰ぐベン・グレアムの普及の名著

「賢明なる投資家」も読み放題です(2020/5/12時点)

 30日間無料体験できるので、使ってみて気になるやつだけまずは読んでみるのおススメです。いらないと思ったら解約すればいいですし。ちなみに賢明なる投資家はボリューム多めで挫折しやすいので本買うよりkindle unlimitedで読んだほうがいいです。

 他にも投資入門書があったりするのでとりあえず体験で読んでみるのもいいと思います。

  

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

 

 

 twitterで更新通知しています。よろしければフォローお願いします。

 

 モチベーションに繋がります。よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

*本記事は情報提供のみを目的として作成しています。投資に関する最終決定は皆様ご自身の判断と責任でなされるようお願い申し上げます。本記事に基づいて行われた投資に置いて損害を被ったとしても責任は一切負うものではありません。また、内容には十分注意を払っておりますが海外情報の翻訳、まとめを行っているため意図せず誤りが発生する可能性がございます。ご了承ください。